本文へ移動
秋田修英高校で夢の実現へ
生徒一人一人により高い付加価値をつけて確実にStep Upさせ、
修英高校の生徒として自覚と自信と誇りをもたせます。
伸ばそう個性 叶えよう夢

校長あいさつ

 本校は秋田市以外に立地する唯一の私立高校として、全国的にも名声を馳せる『花火の街大曲』に昭和34年創立しました。『勤勉・誠実・奉仕』を建学の精神・校訓とし、その時々の時代を先取りした特色ある私学教育を実践してまいりました。
 本年度から普通科に改編して、生徒の個性を尊重しながら、ひとりひとりの進路目標にきめ細かく対応します。入学時にはスポーツコース[野球・剣道]とキャリアコース[基礎学力の定着とよりよく生きるための教養を身につける]のいずれかを選択します。また、2年次からはアドバンスエリア[4年制大学や公務員試験に対応する学力の育成が目標]とビジネスエリア[社会人として必要な知識やスキルの習得が目標]のいずれかを選択します。本校独自の特色あるキャリア教育である、チューター制や特別進学対策、個別補習授業などによる進路指導は、公立大学や公務員など難関な進路先にも結果を出しています。また、授業と部活動を連動させて技術向上をはかり、心身の鍛練を含めた熱意ある技術指導に応えて、生徒たちは目標に向けて意欲的に取り組み、着々と結果を残しております。今後の活躍を大いに期待するところです。
 少子化に伴う中学校卒業者数減少で、生徒数確保に支障をきたすなど本校を取り巻く状況は年々厳しさを増す中で2020年度がスタートしました。全日制37名、通信制7名の入学生を迎えて、全日制95名、通信制30名、全校で125名の生徒が、『自己肯定感と達成感、自己指導力を高める』を努力目標に掲げて切磋琢磨し結果をめざします。修英メソッド:『生徒ひとりひとりに愛情ある、諦めない、同じ方向を向いた指導と、生徒の良さを認めて更に伸ばすための手厚くきめ細かな指導』で教育目標の達成に向けて、努めて参ります。
 
Next Stage 創造 新たな歴史の幕があがる
令和2年、創立61年目のスタートを切りました。新たな決意のもと、生徒の成長につながるようにステップアップしてまいります。御支援、御声援、御指導をお願いいたします。
秋田修英高等学校
校長 冨樫 義明
学校法人杉澤学園 秋田修英高等学校
〒014-0047 
秋田県大仙市大曲須和町1-1-30
電話:0187-63-2622   
FAX:0187-63-2532
 
0
0
5
6
4
1
6
TOPへ戻る