教育方針・努力目標

1.教育方針と目標

建学の精神に基づき、心身ともに健康で情操豊かな人間形成を目指し、次代の社会を担う有為な人材を育成する。この方針のもと次のような人間を育てることを目標とする。
 
(1)勤労意欲と実践力に富む、有為な魅力ある人間
(2)個性豊かに明るく健康で逞しく生きる人間
(3)仲間を大切にし、思いやりのある人間

2.努力目標

積極的挑戦⇒全力励行⇒達成感と自己肯定感の高揚
 
(1)学習指導…自発的な学習を促し、勉強が「分かる」→「できる」を実感させる指導で高校生としての確かな学力の習得と向上を目指し、積極的な授業の取り組みと学びの習慣化を図る。
 ➀指導法の工夫・改善で魅力ある授業を創造し学力向上に直結させる。
  そのための研鑽(相互研修と外部研修)を積む。
 ➁効果的学びなおしで基礎学力を定着させ、さらに上を目指す指導。
  (学トレ、T・T、ベーシック、アドバンスの活用)
 
(2)生徒指導…修英生としての自覚と誇りの涵養。
 ➀ 修英メソッドでその場指導と継続指導。
 ➁ 基本的ルールを共通認識し、あらゆる場において指導。
 
(3)進路指導…実社会に適応できる能力・知識並びに判断力・実践力・コミュニケーション能力のある生徒を
  育て、進路実現を図る。
 ➀ 必要なソーシャルスキルをつけるために、産社、総合、インターンシップ、社会人講師、OB・OG、
  キャリア教育支援等を積極的に活用。
 ➁ 進路情報の積極的提供と将来を見通した計画的な指導(羅針盤の積極的活動)。
 
(4)特別活動指導…高い到達目標と自主的活動を促し、達成感を得られる指導。
 ➀ 生徒が生き生きと活動し、居場所や達成感が得られる活動。
 ➁ 地域社会との協働活動をさらに広げて、地域の学校として認められる活動を工夫し、
  新たな企画(体験型プログラム・ボランティア等)を考察。
 
(5)通信制の指導…修英メソッドで、学びの場と居場所を作り自立へのサポートを図る。
 ➀ 教師・生徒相互に顔の見える通信制の学び方を徹底。
 ➁ 実社会に適応できるミニマムエッセンシャルズを身につける指導。
 
※生徒や保護者に満足感を与え、信頼を得られるように修英メソッドを実践する。
修英メソッド:愛情ある、諦めない、同じ方向を向いた指導と、生徒の良さを認めて更に伸ばすための手厚くきめ細やかな指導
 
学校法人杉澤学園 秋田修英高等学校
〒014-0047
秋田県大仙市大曲須和町1-1-30
電話:0187-63-2622
 FAX:0187-63-2532